2011年12月09日

進化する湯たんぽ

gensun.gif
こんにちは、毎日湯たんぽを抱えて出勤している井口です。
足元から冷え込む季節になりましたね
雪
単なる運動不足による循環不良でしょうか・・・あせあせ(飛び散る汗)

昨年までは、温めるもの=カイロという発想だったのですが、
カイロは毎日新しいものに替える必要があり、
広島市では、不燃ごみの扱いになりますので、
エコロジーの観点から、湯たんぽ
黒ハートを利用することにしました。

湯たんぽは、お湯を沸かす電力だけ必要ということで、
節電になり、電気アンカとは違って、
電磁波を出さない(と思っている
ふらふら)ですし、
使い終わったら、中のお水は台所シンクの掃除
ぴかぴか(新しい)にも使えます。
従って、ゴミにならない
手(チョキ)

お財布
ふくろにも体猫にも、地球iモードにもよい湯たんぽって、
最高の暖房器具だと思います。

ちょっと困った点としては、
冷える背中や腰、お腹あたりを温めながら移動することや
足元を温めるのが難しいことです。

私がこっそり実践している方法は・・・
出勤時は、湯たんぽをショルダーバックに入れ、
コートの下で袈裟掛けにして、
後ろに回して腰あたりを温めたり、
バスに乗っているときは前に回してお腹を温めたりしています。
袈裟掛けはしていませんが、業務中も利用しています。
ぬるくなったら、オフィスのポットのお湯に入れ替えるだけで、
即効復活します
るんるん

他の職員が、
「バックを肌身離さず、
どんなに大事なものが入っているのかと思った。」
と不思議そうに言っていました。

・・・そんな工夫も不要となるかもしれません。
最近は柔らかくて機能的な湯たんぽも登場しているそうです。

やわらか湯たんぽ 足用底なし レッド S / Clo'zやわらか湯たんぽ(クッションタイプ)【冷え対策に! お尻や腰を温めるやわらか湯たんぽ】 / ヘルメット潜水
お値段がちょっと・・・ではありますが
だれかクリスマスにプレゼント
プレゼントしてくれないかなぁ〜
とか
使っている自分を想像してあったかい気持ちになろう
いい気分(温泉)
とか思っている今日この頃です。

執筆者:井口
posted by staff at 12:48| Comment(0) | 所員(iguchi-eri) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。