2011年03月15日

コミュニティの力

gensun.gif
このたびの東日本大震災にて、被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

昨日よりは今日、と言うように支援が届いているみたいですが、
昨日よりは今日と、今回の地震の被害の大きさが明るみに出てきています。

テレビの小さな枠から次々と映し出される光景は
今なお、本当に現実のものかと、信じられず息をのむ状況です。

しかしながらこの悲惨な状況の下、闇夜に光を燈すがごとく、
人々が集まり、助け合いのコミュニティがうまれています。

避難所というコミュニティ
町というコミュニティ
県というコミュニティ
被災地というコミュニティ
東日本というコミュニティ
日本というコミュニティ
世界というコミュニティ

私は、西日本在住なので、今回の大規模な節電に対して、
直接貢献することはできませんが、
間接的にでも協力できたらと、節電・節水を心がけています。

また、現時点では物資の寄付は難しいようなのですが、
食糧補給の後に必要になってくるであろう、
ジャンバーや着替え、子供服など、今後なにか支援できる道を探しています。

一番すぐにできるのは、『募金』と『祈り』かもしれません。

小さなコミュニティから大きなコミュニティまで
規模は様々でありますが、
土台となるのは、
一人一人の助け合う力です。

今こそ、コミュニティの力を発揮する時だと思います。

執筆者 井口 絵里
posted by staff at 14:30| 所員(iguchi-eri) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。