2012年01月30日

必要な空白

gensun.gif

こんにちは、ワイン酢バーを7割がた飲んだ井口です。
次男の協力があってのことですが
あせあせ(飛び散る汗)

あまりに酸っぱい
ふらふらワイン酢の飲み方に困り、、
ココアやりんごジュースを混ぜる方法
ひらめきを見つけてからは
意外にも、次男が毎朝好んで飲み始めたので、
あっという間に完飲しそうです。

先日、経理会計記帳をご依頼いただいている企業様に
手続き
メモも、お任せいただきましたので、
ご挨拶も兼ねて、手続き書類のお届けにお伺いしました。

一番驚いたのは、
事務所スペースの配分です。
クリエイティブな実務スペースが半分。
会議をしたり、頭の切り替えをするための自由スペースが半分。

全体的にスッキリとしているため、
観葉植物
クリスマスや観賞魚ドコモポイントがイキイキと映えます。

実務スペースが、「必要部分」とすれば、
自由スペースは「余白部分」かもしれません。

この余白部分をどのくらい設けているかによって
仕事の質が上がり、クリエイティブな仕事ができ、
会社の成長
右斜め上につながるのだろうと思いました。

そう考えると、「余白」は余りでなく、「必要な空白」ですね。

これは「空間」についてですが、
「時間
時計」についても然りでしょう。

「空間」と「時間」ともに、余白部分の有用性を感じ、
早速職場でも、自宅でも実践してみたいところです。

普段、デスクに張り付いている私にとって
このたびの訪問は、とてもよい刺激をいただきました
わーい(嬉しい顔)
お忙しい中、お時間をつくっていただいた社長様へも
感謝しております。

弊所では、経理会計記帳をご依頼いただいている企業様が
他の弊所サービス(許認可や定款変更、事業に必要な契約書の作成など)をご利用の場合、一定の減額制度を設けております。

様々なサポートができますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

執筆者:井口




『10年後、そして未来も。
生き残り、安定・発展できる会社と事業の実現を徹底サポート!』

当事務所は・・・

『行政書士専業』であり『企業・法人・個人事業主のサポートに特化』
しています。
『若さ』『実績』『誠実さ』と共に、徹底サポート。

主な対応エリア:広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県。

運営ウェブサイト(一部)

ほとんどのサービスは、中国地方五県(広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県)対応となっております。

・当事務所の総合ご案内サイト
いい事務所ドットコム
windowicon_orange.gif」(e-jimusho.com)

・許可の取得、変更、更新を依頼したい皆さま向け
許可・認可・更新・届出の申請代理代行.biz
windowicon_orange.gif」(kyoka.biz)

・株式会社・合同会社・一般社団法人等の会社・法人設立代行を依頼したい皆さま向け
いい起業ドットビズ
windowicon_orange.gif」(e-kigyou.biz)
 広島に限らず、岡山、山口、島根、鳥取の皆さまの起業・創業も多数、サポートしています。

・毎月の経理会計を依頼したい皆さま向け

経理会計サポートセンターwindowicon_orange.gif(h-kaikei.biz)
 提携税理士による確定申告のセット、好評です。

・業績を伸ばしたい、安定させたい
弊所窓口サイトの経営サポート(コンサルティング)サービスページ
windowicon_orange.gif
 こちらは、今まで当事務所にご依頼になったことのある皆さま向けです。

・定款変更サポート
定款変更サポートセンター
windowicon_orange.gif」(henko.biz)

・事業に必要な契約書の作成や
ウェブ規約の作成、契約書面整備と締結サポート
契約書、ウェブ規約作成、運用サポート.bizwindowicon_orange.gif」(homu.biz)
 契約実務の中でも特に『IT業界』に関しては、対応力、実績豊富です。

・介護事業の指定を受けたい、会社設立したい皆さま向け
介護保険事業者指定申請、許可申請代行.com
windowicon_orange.gif


ひろしま中央行政書士事務所(R)
 日本行政書士会連合会登録番号:00340342
 事務所名に係る特許庁商標登録番号:5115818
 所在地:〒730-0005 広島県広島市中区西白島町16番7号 NiDiビル2階
 電話番号:082-511-2603
 FAX番号:082-511-2604
 代表:行政書士 崎田 和伸
 お問い合わせ:電話又は問い合わせフォーム
windowicon_orange.gifからどうぞ。

posted by staff at 13:45| Comment(0) | 所員(iguchi-eri) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

経理会計部門にて、「自動返信メール」を創設いたしました。

gensun.gif
こんにちは、春の足音を遠巻きに感じている井口です。
毎日身につけている湯たんぽを忘れそうになり、気がつきました。
今日は経理会計部門として、お知らせ
演劇がございます。

このたび、
経理会計部門のメールアドレス宛てに
メールをご送信
いただいた場合

迅速に受領のご報告をお伝えするため、
「自動返信メール
mail toを創設させていただきました。

●会計資料のご送信

●弊所が行った、確認事項へのご回答
●各種お問い合わせ等

に関して、自動的に「メール、しっかりと受け取りました

 という趣旨のメールが発信されます。

今まで、


“メール、届いたのかな・・?”

“きちんと見てくれているのかな・・・?”
“いつまでに返信してくれるのかな・・・?”

というご不安を抱かれることがあったかもしれません。


今回の自動返信メールの創設は、

安心いただくための措置でございますわーい(嬉しい顔)
拝受したメールは、必ず、経理会計部門にて確認しメモ
 
しかるべき対応をさせていただきます。

何かお気
づきの点がございましたら、
どうぞお気軽にご連絡ください。

執筆者:井口
posted by staff at 14:51| Comment(0) | 所員(iguchi-eri) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

「おめでた・・・ですか?」

gensun.gif
こんにちは、正月の緩みをとるために、ワイン酢バーを飲み始めた井口です。
実家に潜んでいた、賞味期限切れ
endのワイン酢を持ち帰り
毎日おちょこに注いで飲んでいます。

賞味期限切れのためなのか、
これが「ワイン酢」のためなのかわかりませんが、
原液では到底、グイッと飲めません
ふらふら
食道が爛れそうで、まさに「酢酸」を飲んでいるかのようです爆弾
箱の表示を何度見ても、
おちょこ一杯程度を毎日・・・と書いてあるのみで
「何倍に薄めて」とか一切書いてないので、
気合い
パンチを入れて飲んでいます。

たまに、「こんなにしてまで、飲まなくてもいいんじゃないか・・・
たらーっ(汗)
と思ったりしています。

さて、湯たんぽを抱えて出勤しはじめ、はや1ヵ月以上。
かなり快適で、すっかり体の一部と化してしまいました
わーい(嬉しい顔)

最近、保育園の先生やお母さん方より、遠慮がちに
「あのぅ・・・ひょっとして、おめでた
ぴかぴか(新しい)・・・ですか?
と何度か言われました
あせあせ(飛び散る汗)

そういえば、湯たんぽを袈裟がけにした上に
黒いコートを着ているので、
なんとなく横腹にかけてデーン
ダッシュ(走り出すさま)と突き出しており、
言われてみれば、確かに妊婦さんの様。
しかも、妊娠7〜8ヵ月くらいに見えます。

慌てて、湯たんぽであることを説明すると、
「おかしいなぁと思いましたよ、ちょっとお会いしていない間に
お腹が大きくなっているから・・・。」
と納得いただいくと同時に、唖然とされます。
(何故湯たんぽを・・・
exclamation&questionって感じ)

このままでは、変わりモノなので
巷に湯たんぽ持参者が増えてくれることを願います。

主人曰く、
「もともと肉付きがええけえぇ、湯たんぽ持ったくらいで妊婦に見えるんよ。」
キビシィー
むかっ(怒り) 辛口発言でしたふらふら

執筆者:井口

posted by staff at 13:11| Comment(0) | 所員(iguchi-eri) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

明けましておめでとうございます

kouno_illust66 (2).jpg

幸野です。

新年明けましておめでとうございます。

年末は自宅で過ごし、年始は初詣に行った後、実家へ。
久しぶりの泊まりがけの帰省で、同じく帰省していた
幼馴染に数年ぶりに会えた事が一番嬉しかったです。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

執筆:幸野

posted by staff at 11:19| Comment(0) | 所員(kouno-kaori) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

「ある」ものを使って

gensun.gif
新年 あけましておめでとうございます。
年末年始と美味しい料理
レストランとお酒バーをいただき、
ひと回り大きくなって帰ってきた井口です。

入る服
ブティックがあって よかった〜ダッシュ(走り出すさま)
また質素な生活に戻れば、体型も戻るでしょう・・・ふらふら

今年は、しめ飾りを手作りしました。
TS3P0134.jpg
      ↑
 長男作成 保育園にて。

年末に保育園で、長男が作成したのを見て、
これならできるのでは
ひらめきと思い
早速稲わらをいただいて、家族総出(といっても4人)で
ヨイショ ヨイショ としめ縄をつくりました。

わらじ作りに興味がある主人も
器用に縄をあみ、子どもたちに指導。
私もトライしましたが、手が滑ってなかなかすぐにはあめません。
今の人は昔の人と違って、手のひらがツルツルなんだと思います。
それだけ、スイッチ・ポンの便利な世の中になったのかもしれません
あせあせ(飛び散る汗)

食に興味のある次男は
わらに残っていた米粒を拾い集めて
すり鉢で脱穀し、生米を食べていました。
こちらは、神棚にお供えもしました。

しめ縄ができたら、家に入って飾り付けです。
長男は、橙を折り紙でつくります。
緑色が好きな次男は、橙の替わりにメロンをつくり、
ついでにイチゴとレモンも作って飾り付けました。
TS3P0135.jpg

こうしてみると、しめ飾りを手作りするっていいですね。
神様への感謝の気持ち
ぴかぴか(新しい)と、
自分の家への愛着
が湧いてきますし、
何より、作っていても飾りを見ても、楽しいんです
るんるん
 
  新しい年を迎えるとか
  時節折々の事柄について

  特別なものを買い揃えることよりも
  身の回りに「ある」もので、気持ちを込めて用意する

これもまた、いいことだなぁと 清々しい気持ちになりました。

ついでに、園児お手製の龍です。
TS3P0133.jpg

本年も どうぞよろしくお願い致します。

執筆者:井口



posted by staff at 14:11| Comment(0) | 所員(iguchi-eri) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。